為替はどうして変動するのか

為替はなぜ変動するのか。
根本的なお話ですが、意外と知らない人が多いと思います。

為替が変動する要因は大きく3つに分類できます。

@景気
A金融政策
?金利差

この3つプラス、世界で資金が大きく動いた際に為替変動が起きます。
大きく動くというのは多くの投資家が同じ方向に注文をしたときのことです。

例えば「景気」で投資家が同じ方向に注文した場合。
よく「景気が良い、悪い」というお話を聞くと思います。
これはなんとなくのお金の流れではなく、しっかりとした指数が発表されています。

この指数が皆さんが思っているよりも悪い値であれば景気が悪いという決定的な証拠です。
そしてこの数値や世の中の流れを見て投資家が予測し始めます。
大体は、景気が悪いと通貨を早めに売る傾向にあります。
景気が悪いと予測し、みんなが一斉に通貨を売り始めれば…
大きな金額が同じ方向に動くことになるので相場は変動するわけです。

これが為替が変動するごく一例です。
為替変動というのは投資家の気持ちがそのまま表れます。
投資家が今どう動いているのか表しているのが為替変動と言えるでしょう。