外国為替取引でチェックすることは為替レート

「為替レート」という言葉がよく出てくると思います。
為替レートは外国通貨と日本円の関係を示しています。

アメリカドルが一般的に用いることが多いですが、アメリカだけではなく全世界の通貨の関係です。
ユーロと円、ポンドと円などドルだけではなく全世界のレートを表示しているものが為替レートと呼ばれているものになります。
つまり、全世界の通貨が日本円だといくらになるのかを知るためのものです。

為替レートは「相場」とも言います。
従って為替相場とは為替レートのことを指しているので同じ意味と捉えてください。

例えば、アメリカドルと日本円の為替レートが「1ドル=100円」だとします。
アメリカ旅行をする際、10万円を換金すれば手元には1000ドル渡されます。

しかしここで帰国した際、「1ドル=120円」為替レートが変動していました。
今度はドルから日本円に変換するわけですから、1000ドルを変換した場合12万円が手元に渡されました。

同じ1000ドルでも為替変動により2万円多く手元に入ってきたのです。

外国為替取引をする際、一番チェックしなくてはならないのが為替レートです。
為替レートを見てタイミングを見計らい、意図的に売買をします。
これで利益を出すのが外国為替取引というものです。

先ほどの例のように、ある程度の為替レートの動きが見えていれば利益を出すことができます。