FXのレバレッジという特徴

投資にはリスクが付き物です。
もちろん外国為替取引も例外ではなく、損失が出るというリスクは避けることはできません。
しかしそのリスクに恐れていては何もできないですよね。

一番のリスク対策は「リスクを知ること」です。

初心者はリスクを避けることのみをまず考えます。
しかしリスクをしっかりと把握しなければ、リスクを避けることはできません。
リスクを知ってからこそ、リスクを避けることができます。

これは投資の基本ともいえますし、ひょっとしたら何を行動するにしても一番大事なことかもしれません。

FXの一番のリスクはレバレッジです。

レバレッジを設定を高くするほどリスクは大きくなります。
高めの設定なほど、たった1円の為替変動で数万円〜数十万円の損失につながります。
このリスクを避ける為にレバレッジは低めに設定すること。
たったこれだけのリスク回避で安全に楽しむことができます。

誰もがわかっている基本事項をなぜ改めて言うのか。
それは慣れれば慣れるほど、このリスクを忘れていくからです。
自信があれば高めの設定にすることは基本ですが、あえて言うのであれば自信があっても低めの設定にするのがリスク回避です。

画面上の数字だけのお金を動かしていると、実際のお金を動かしている感覚が鈍ってしまいます。
この時が一番危険な時期で、ついついレバレッジを高めに設定してしまうからです。 大きな利益に目を向けないでください。

これさえしなければローリスクでFXができるということを常に念頭に置いてみましょう。